地域の魅力を創り出す! げんき大崎プロジェクトによる活動の紹介と和歌山県海南市下津町大崎の暮らしをお伝えします

コンセプト

「地域の魅力を創り出す!げんき大崎プロジェクト」を掲げて、地区住民の手によって、地区外の方々との交流と区民の助け合いをめざした地域づくりに取り組んできました。その活動の拠点となる、げんき大崎館「かざまち」がオープンしました。
漁協倉庫を改修した直売所で、季節折々の新鮮な農水産品と大崎食材にこだわった手作りの体にやさしいお惣菜を地域の高齢者を中心に周辺の方々にも、住民が助け合って提供します。

また、2階のコミュニティスペースのから望む景色は、大崎湾のおだやかな海が眼下に広がっています。万葉の昔から「風待ち港」として栄えた大崎を、再びたくさんの人々の交流が生まれる場所にするべく、皆様のお越しをお待ちしています。

営業日

毎週土曜日 午前10:00~午後2:00

鮮魚と惣菜は数量に限りがありますので、営業時間中でも売り切れることがあります。
また、天候により漁にいけないとき、鮮魚がない場合がありますのでご了承をお願いします。
2017年3月より、かざまちにて午後からカフェ・お食事のご提供が始まりました。

住所

和歌山県海南市下津町大崎833-5
TEL&FAX 073-494-6233


Google map で見る

メニュー

大崎でとれる新鮮な魚と野菜、そして大崎でとれる食材にこだわった体に優しいお総菜

メニュー例

<惣菜>

サゴシのフライ、大崎で採れたエビ入りコロッケ、エビ入りポテトサラダ等
紅白ナマ酢、白和え、ふろふき大根、白菜豚バラロール、カリフラワーの天ぷら など

<獲れたての鮮魚>

2月のお魚
足赤エビ、アカシタビラメ、がんどうカレイ、コウイカ、エソ、
さわら(さごし)、がしら、めばる、タコ等

<野菜等>

2月の野菜
大根、白菜、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ネギ、水菜、小芋、

<その他>

ヒジキの釜揚げ、乾燥ヒジキ、生ワカメ、乾燥ワカメ